【webpack】エラーが出たけど、一日経ったら直ってた話【理解不能】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、0371です。

今日は、webpackの学習中に遭遇した怪奇現象について、話したいと思います。

エラーが出たのに、翌日になったらエラーが消えてる・・・???

スポンサーリンク

【webpack 怪奇現象 – css-loader と style-loader を使っていました。】

ことの始まりは、「webpack の css-loader と style-loader を使用して、CSSファイルをバンドルするぞ!」ということにチャレンジしていた時です。

以下のUdemy教材を使用しています。

モジュールバンドラー webpack を1日で習得!フルスクラッチでインストールからカスタマイズまでの手順を理解する

 

——————————————————————————————

0371「webpack.config.js に css-loader と style-loader の設定をしたぞ!終わりだ!!」

0371「npm run start(webpack-dev-server –open –mode development)するぞー!!!」

0371「えいやっっっ!!!」

ターミナル「ERROR in ./src/style.css 1:0 Module parse failed: Unexpected token (1:0) You may need an appropriate loader to handle this file type.

0371「?????????」

——————————————————————————————-

 

エラーが発生しました。

なんででしょうね?

 

【webpack 怪奇現象 – タイポも見つからない・・・。】

ターミナルくんの言ってることを Google翻訳 にかけてみました。

ターミナル「./src/style.cssのエラー1:0モジュールの解析に失敗しました:予期しないトークン(1:0)このファイルタイプを処理するには、適切なローダーが必要な場合があります。」

 

どうやら適切な loader が無いため、モジュールの解析に失敗してしまったようです。

さっき css-loader と style-loader を用意したし、loader の読み込み順序も正しいのになあ・・・。

 

【webpack 怪奇現象 – node.js 再インストールが原因説】

次の日、npm run start したら普通に表示されました。

0371「なんでやねん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

多分、開発中に node.js を再インストールしてしまい、削除されたキャッシュみたいなのを webpack-dev-server が参照してたんだと思います。

これにて一件落着!!!!!!!!!!!

 

【webpack 怪奇現象 – まとめ】

開発中の環境破壊はやめようね!!!!!!

以上!!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る