【incase】City Collection Compact Backpack 2のレビュー!【背負い心地が羽のようだ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、0371です。

一年前ほどに購入した、incaseの「City Collection Compact Backpack 2」のレビューをします。

色はクールグレーにしました!おしゃれです!

ノートPCを360°保護してくれるクッションや、フロント部分の小物入れが非常に便利です。

さらに背面と帯のメッシュのクッション生地のおかげで、背負い心地最高です!

スポンサーリンク

【City Collection Compact Backpack 2 – 開封の儀】

それでは開封しましょう!

こちらの商品です!

ダンボールが届きました!

楽天ブランドアベニューで注文したので、Rakutenの文字が印刷されてますw

パンダもいました。

開封してみると、商品の他に、納品書兼保証書が一枚入っています。

絶対に無くさないようにしましょう。

タグはこんな感じです。

裏面には金額とかも書いています。

見にくいかもしれませんが「株式会社ビーズインターナショナル」はincase認定の会社ですので、ご安心を。

こちらの記事で解説しています。

前面の小物入れはふわふわな生地になっているため、傷を付けたくないものも入れることができます。

精密機械やメガネなども入れても大丈夫そうです。(自己責任)

ぼくの持っているコンパクトデジタルカメラ「X-100F」を入れることができます。

プロテクトフィルターやレンズフードをつけていても入ります。

ただし、こんな風にメインポケットに干渉する感じになりますw

普段は、ポケットティッシュ・名刺入れ・ちょっとしたお菓子などの 小物入れ として活用している感じです。

メインポケットのPC収納スペースの中です。

ここでは写していませんが、メインの収納スペースには、男性であれば1泊2日分の着替えが収まります。

夏場なら2泊もできそうです。

Incaseのロゴがありますね。

MacBook Pro 15インチ 2017年モデルも余裕で収まります。

YouTubeでは、16インチ も収まることを確認しています。

360°プロテクトの表記もバッチリあります。

これがあるので、他のリュックよりも安心して持ち運ぶことができますね。

ただし、夏場は熱が籠りやすいので、定期的にファスナーを開けて空気を通した方がいいです。

こちらはメインポケットのファスナーです。

止水ファスナーではありませんが、ファスナーの上に生地が乗っかる感じです。

この画像は開けたてのものですが、一年経っても壊れる気配は全くないくらい丈夫に作られています。

チャックが掴みやすいのもグッド!

こちらはフロントのポケットになっています。

部屋が二つに分かれていて、外側の方が深いです。

ここにはクッション生地はありませんが、手帳、ペン、タブレットPCなどが入ります。

この画像では、iPad mini 4 を入れています。

おそらくiPad は余裕で入るんじゃないかなと思います。

iPad Pro になってくるとちょっとわからないですね・・・。

開けたての場合だと、ここにギャランティーカードが入っています。

本物である証拠ですね。

商品と納品書兼保証書と空欄のギャランティーカードのセットがあれば、無記名でもアフターサポートを受けることができます。

何かあったら、商品を購入したECサイトに問い合わせるといいでしょう。

フロントのポケットには、こんな感じでペン差しもあります。

チャックはこんな感じ。

生地を被せてチャックを見えなくすることもできます。

ファスナーを隠すことによって、よりスマートな感じに見えます。

リュックの背面です。

背中にあたる部分が六つに区切られているものが、Compact Backpack 2 です。

区切りを入れることで、背中と生地の間に隙間が生まれます。

このことによって、夏場の通気性、密着することによる熱量が結構変わってくると思います。

リュックの肩に当たる部分です。

結構な厚みがあって、クッション性は抜群です。

MacBook Pro ちゃんを入れて背負っても、1時間程度であれば全然疲れません。

ヒョロガリのぼくが言うので、信用してもらっていいと思いますw

繋ぎ目の部分です。

この画像は開けたての画像ですが、一年くらい使っても劣化している様子は見られません。

やはり丈夫に作られているリュックなんだなと実感します。

背負ってみました。(唐突)

前から見ると、肩紐の存在感は結構ありますね。

左肩には、ポーチなどを下げることもできます。

届いた時の状態で、紐の調整をしていない写真がこちらです。

その辺の女子校生みたいに、めっちゃ長めに肩紐を調整するとリュックの中身が重く感じてしまいます。

なるべく重心を腰ではなく背中に当てるようにしましょう。

見栄えが悪い・ちょっと窮屈と感じる人もいるかもですが、背負い慣れてしまえば気になりません。

【まとめ – リュックは背負い心地が命!】

さすがアップル公認のリュックということで、耐久性、背負い心地ともに最高ですね。

MacBook をスリーブなしで運用するならば、このリュックが一番いいと思います。

クールグレーは、Youtuber のイマムラケンタ さんも使用していますので、そちらもぜひ参考にしていただければと思います。

動画はこちらです。

皆さんも最高の背負い心地を体験してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る